武蔵府中熊野神社古墳保存会

1.保存会の目的

武蔵府中熊野神社古墳保存会は、平成17年7月14日に国史跡となりました「武蔵府中熊野神社古墳」を将来に亘って適切に保存、活用し、日本国の貴重な財産として後世に残すことを目的として、志を同じくする者が集い、平成19年に発足しました。

「国史跡 武蔵府中熊野神社古墳」の適切な保存、活用を行うとともに、会員相互の親睦を図ることを目的としています。

28年度主な活動
  • 会計監査 <27年度分:H28年4月29日(金)実施>
  • ゆるキャラグランプリ2016エントリー<5月9日(月)>
  • 会報 「七曜紋」9号の発行&配布(年1回で5月発行)
  • 第9回通常総会 <5月29日(日)開催>
  • 古墳周辺清掃<7月10日(日)・9月11日(日) ・12月25日(日)>
  • 府中市「西文まつり」への参加 <7月16日(土)、17日(日)>
  • 第7回古墳まつり(10月)
    10月8日(土)・・・第1日目  PM5時10分開会式後古墳コンサート(無料)
    10月9日(日)・・・第2日目  AM10時40分開会式後古墳コンサート(無料)
  • バスによる古墳等視察研修会(3月予定)
  • 役員会の開催(必要の都度随時)

イベントは、ふるさと文化財課等の要請により随時参加予定

2.七曜紋(保存会会報)

最新の保存会会報と、バックナンバーを掲載しています。(PDF形式)

~七曜文について~
七曜文は、熊野神社古墳の石室に残された副葬品の鞘尻金具に刻まれた文様です。これは和銅開珎(わどうかいちん、708年初鋳)よりも古いとも言われる富本銭(ふほんせん)にもみられる文様です。
陰陽五行思想の木、火、土、金、水と日(陽)、月(陰)の七曜(星)を表した古代中国の考え方をもとに考案された文様といわれています。

この七曜文から会報の名前を付け、本来の七曜文と区別するために「七曜紋」としました。

→最新号(準備中)

→保存会会報バックナンバー(準備中)

3.会員募集

武蔵府中熊野神社古墳保存会では、志を同じくする会員を募集しています。
(年会費:1,000円)
会員申込フォーム、または下記連絡先までご連絡ください。
→会員申込フォーム

お問合せ先
武蔵府中熊野神社古墳保存会

〒183-0031
東京都府中市西府町2丁目9番地
国史跡 武蔵府中熊野神社古墳展示館
TEL/FAX 042-368-0320